「店」を考える

sh_09

「店」とは

sh_01
「店」は、一般に「みせ」「たな」と呼ばれ、人々が商業的な活動(商売)を行うための建物を示します。商品やサービスを展示したり提供したりする場所です。「商店」の意味で使われることが多いです。

「店」の定義

sh_02
現代では、一般に「店」というときは、狭義の商業である「財貨売買業(お金を用いてその場で事物を売り買いする商い)」のための店舗をいい、広義の商業に属する金融業、運送業、倉庫業、保険業などの店舗は除かれます。さらに、最も狭義では、財貨売買業でも「大規模小売商(百貨店、スーパーマーケットなど)」や「大規模卸売商(商社など)」の店舗を除外して、「小規模商業」の店舗のみを指します。

個人または個人企業で営む「店」は「個人商店」ともいわれます。それに対して、ショッピングセンターのような規模の大きな建物、あるいは、小規模な店舗が多数入居している大型の「店」は「商業施設」とも呼ばれます。また、店が集まる地区は「商店街」といわれ、地域のコミュニティを形成することもあります。

「店」の形態

sh_03
「店」の形態は、経済が未発達な段階では、行商人や青空市場のような「店舗」を構えない場合が多かったと考えられています。しかし、現在では一定の固定設備をもつ「店舗」を構える定着商業が中心となっています。

近年は、小売業態の多様化とともに、通信販売、訪問販売、特設会場販売のような無店舗販売が増加しています。特に、インターネットの発達によって、「仮想店」「仮想商店街」のような、実体をもたなくても「店」を構えられる仕組みも生まれてきました。

「店」の字と読みの由来

sh_04
「店」の漢字は、漢字分類上、「形声文字」にあたります。分けて考えると、「广」と「占」になり、「屋根」の象形と「占いで現れた形の象形と口の象形」を合わせたものといわれています。「占」の字には、中国の古い時代に亀の甲羅に特定の点を刻んで行われていたことから、「特定の点を占(し)めるという意味があります。そこから、「一定の場所を占めて商売を行う場所・みせ」を意味する「店」という漢字が成り立ちました。

日本には、律令制度の伝来とともに中国から日本へと入ってきたとされています。ただし、当時の中国と日本の間での文化の違いにより、「店」の字もやや異なった解釈がなされたようです。

「店」の字の解釈の違い

日本語における「店」の読みである「みせ」の語源は、「見世棚(みせだな)」に由来しています。「見世棚」とは商品を陳列する棚のことであり、鎌倉末期より言葉自体は存在し、台を高くして「見せる」ことから「見世」となり、室町期に至って、「店」の字が当てられるようになりました。

また、江戸時代には、遊郭で遊女が客を誘うための道路に面した格子構えの部屋も、「見世」や「張り見世」とうようになりました。ここでは、「みせ」が、「決まったひとつのところに在所を構える」といった意味をも含み、遊郭以外での「遊び」と区別するために用いられたとも考えられています。

「店」として画期的だった「見世棚」

「店」の歴史

sh_05
店の原形は「市(いち)」の仮店舗にあるといわれています。市の開催は古代からすでに行われていましたが、不定期のものが多かったと思われ、市に商売の場を構えてそれがそのまま常設の「店」になる機会は限られていました。それが、古代末期から中世にかけて、市が定期的に開催される定期市へとなっていくにつれ、常設型に発展する形態も増加していきます。

定期市には、「仮屋(かりや)」と呼ばれた固定の設備が設けられていました。これはもともと、市が開かれるときだけ利用されていたものでしたが、徐々にそこに住み着く商人が出てきたのです。

中世には、「見世棚」から発達した「店」が大きく活躍しはじめ、「店」の構えも壁を取り払って外から内部が見えるようにした造りとなります。さらに、商品陳列も屋内に品物を並べる現在の形式に近づいてきます。中世末期には、入口に暖簾(のれん)を掛けたり、内部に装飾を施したりして、その店を印象づけ、客を引き付ける工夫もなされるようになります。しかし、近世初期までは「店」よりも「市」の方が優位で、常設の「店」が商業の主体となるのは近世中期以降であるとされています。

その近世になると、日本は江戸時代。各種の産業が大きく伸びる時代です。問屋(とんや)制の成立に伴い、大規模な店舗が江戸・京都・大坂などを中心に出現することになります。2階建てで、間口数間というものも少なくなく、また、防火上の配慮から、壁を漆食(しっくい)塗りとした店舗も多く建てられています。

この時期は、問屋、仲買、小売りという、現代に通じる商品流通ルートが形成されたことにより、店舗の形態もそれぞれに応じたものがつくられるようになりました。ただ、基本的には、街路に面して土間を設け、その奥を畳敷きの間(ま)とし、この周囲の棚に商品を収納しておく形式がとられています。この畳敷きの間が店舗の中心とされ、さまざまな商談が行われました。

しかし、近代に入ると、店内、特に店頭に品物を陳列する方式の店舗に順次変わっていきます。陳列式が主流となったのは大正末期ごろで、これは現代につながる一般的な店舗形式になっています。

現代は、現在の消費者の多様な要求に呼応して、さまざまなタイプの店舗が出現しています。加えて、インターネット内でのショッピングのような物理的な「店」をもたない販売形式も盛んになっており、今後も「店」の概念は、より一層幅広くなっていくことが予想されます。

公開日: